増浦 行仁
増浦 行仁
1963
日本
1963年 - 東京都生まれ。
1981年 - 渡仏。1983年にはVOGUE(Paris)ギィ・ブルダンのアシスタントとなる。
1986年~1988年 - マイヨール彫刻全作品撮影。
1987年 - サロン・ドートンヌ入賞。
1988年 - ルーブル美術館、オルセー美術館の撮影許可取得。
1988年~1990年 - ボロブドゥール(インドネシア)を撮影。
1989年 - パリ近代美術館の撮影許可取得。
1989年~1993年 - ブルデル彫刻作品撮影。
1993年 - コダックフォトサロン(銀座)にて『ボロブドゥール』個展開催。
1994年 - マツダロータリー御堂筋にて『PROFIL』(ブルデル彫刻による作品集)個展開催。SKIRA社(ジュネーブ)より、MAILLOL作品集出版。
アリアンス・フランセーズ・大阪にて『MAILLOL』(マイヨール彫刻による作品集)個展開催。
ミケランジェロ作品撮影開始。
1997年 - ロダン美術館の依頼により、彫刻作品撮影開始。
1998年 - BIBLIOTHEQUE NATIONAL de FRANCE(フランス国立図書館)に 作品31点が永久保存される。
アサヒグラフ新年合併号「トスカーナの貴族たち」企画、撮影。
1999年 - アサヒグラフ「WARNING!」企画、連載。
2000年 - ギャラリーKURANUKIにて『KHAOS』(ロダン彫刻による作品集)個展開催。
2002年12月 - アートン社より写真集『GENESIS』出版。
2002年10月~2003年1月 - フィレンツェのカーサ・ブオナロッティ(通称/ミケランジェロ美術館)にて『ジェネシス、彫刻家ミケランジェロ』個展開催。(現地メディアの絶賛を受ける。)
2003年4月 - 東京都写真美術館にて『GENESIS ミケランジェロの詩と光彩 増浦行仁写真展』 開催
2003年10月 - 京阪ギャラリー・オブ・アーツ・アンド・サイエンスにて 『GENESISミケランジェロの光と影 増浦行仁写真展』開催。
アートン社より「おれは土門拳になる」~“奇跡の光” にたどり着いた写真家・増浦行仁の生き方~(村尾国士/著)が出版される。
2003年12月 - 雑誌/風の旅人 第5号から1年間の連載開始。
2004年3月~4月 - JR岐阜駅 アクティブG ワールドデザインギャラリーにて 『GENESISミケランジェロと美濃和紙 増浦行仁写真展』開催。
2005年11月~ - 国立文楽劇場にて『平成の文楽(仮題)』撮影開始。
2006年10月 - アートン社より『天狗の棲む山』出版。
2006年 - 伊勢神宮『第62回 式年遷宮』撮影開始。
2008年 - 出雲大社「平成の大遷宮」撮影開始。